« 柚子の活用 | トップページ | 龍園でお食事会 »

エディション・コウジ・シモムラ

六本木にあるエディション・コウジ・シモムラに行ってきました。

ディナーコースは9450円と13650円の2種類。メニューを相談しながら決めることのできる13650円のコースにしました。

まずはシャンパーニュで乾杯。 アミューズは、パルミジャーノチーズをパリッと焼いたものと、「生ハムとケッパーの茎、バジル風味のミニハンバーガー」です。

Dscn0718 Dscn0717_2

最初に相談しながらメニューを決めるのですが、あれも食べたいこれも食べたいとなかなか決められなかった私たち。(汗) このブーダン・ノワールの冷製はお試しサイズで特別に出してくださったもの。ブーダン・ノワールは豚の血で作ったソーセージのことで、「血」っていうとなんか「え?」って感じですが、おいしいのですよ~。

でも、今まで温かいものしか食べたことがありませんでしたが、こちらのものは冷製で、口当たりもすっごく滑らかな洗練されたお料理になってました。回りに添えてあるのは林檎のピュレです。apple ブーダンノワールによく合います。scissors

Dscn0721

さて、前菜1品目は「海水で軽く火を通した宮城産牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ 岩海苔風味」です。 これ、ほんと美味しかったよ~。happy02 牡蠣と岩海苔のムース(これがクリーミーで美味しい!)の上に海水で軽く火を通した牡蠣が2つ、その上にジュレ、岩海苔が乗っています。

Dscn0722

前菜2品目は、正式名称は忘れてしまったけど、白子を焼いたものにキノコが添えてあって、キノコのクリーミーなおソースがかかっています。白子の上に乗っているのはチョリソー。うまくアクセントになっています。

この白子のお料理も美味しかったよ~。heart04

Dscn0724

メインのお魚は的鯛のフリットブロッコリーのおソースレモンのコンフィチュールが下に敷いてあって、このコンフィチュールの甘みが的鯛によく合います。的鯛の周りを覆っているのはガダイフという春雨のような食材で、サクッとした食感が◎。

Dscn0726

メインのお肉は鴨肉のローストと上に乗っているのはフォアグラです。付け合せの野菜いろいろと手前はキクイモのピュレ。キクイモのピュレはデンプン質が少なめで水分が多い感じでした。

Dscn0728

デセールの1品目は、さっぱりとした苺のデザートです。うる覚えですが、苺のつぶしたものと上にはヨーグルトのアイスが乗ってました。

再構築した苺のタルト」と言う名前のデセール。

Dscn0731 Dscn0736_2

こちらはチョコレート好きの友人が頼んだ、ガナッシュショコラ。少し味見させてもらったけど、ガナッシュショコラには粒のお塩がアクセントに入っていて美味しい。となりに添えてあるのは砂糖の入っていないパウダー状のシャーベット。それにカカオウォーターが付いてきます。お水だとショコラの味が口の中で消えてしまうので、カカオ味のお水を一緒にいただくと、口の中に香りが膨らむから、とのこと。 う~ん、そこまで考えますか。sign03

Dscn0733 Dscn0734

プティフールには、チコリと豆乳のムースカレーパウダーをまぶしたトルティーヤのようなチップスが不思議に合います。ピーナッツバターを使ったクリームにかぼちゃの種がトッピングされてます。他のお店でもデザートで食べたことあるけど、チコリってコーヒー風味なんですよね~、おもしろい。shine

Dscn0737 Dscn0739

それにしても本当に贅沢なディナーでした。食材が違うものね~。いつもは来られないけど、たまには自分へのご褒美によいかも。virgo

|

フレンチ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501621/40387340

この記事へのトラックバック一覧です: エディション・コウジ・シモムラ:

コメント

コメントを書く